Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

  • Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

    2017.11.1 - on sale

  • Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

    2017.11.1 - on sale

  • Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

    2017.11.1 - on sale

  • Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

    2017.11.1 - on sale

  • Stylist AYA KANEKO meets FRAMeWORK COLLABORATION 2017 AUTUMN WINTER

    2017.11.1 - on sale

早くも4回目となるコラボレーションは、回を重ねることに進化し、また新たなフレームワークの表情を引き出します。
今回は、金子さんのアンテナに引っかかった “色”をキーワードに、デイリーなニットやパンツをはじめ、待望のコートや店舗限定カラーも登場。
“ナチュラルヘルシーなフレームワーク”と“女っぽさを追求する金子流エッセンス”————。
冬服に彩りを与える最強のコラボレーションが今年も完成です。

Profile

Stylist

AYA KANEKO

金子 綾

人気雑誌「Oggi」「otonaMUSE」をはじめ
数々の女性誌で活躍するスタイリスト。
シンプルでベーシックな服の魅力を最大限に引き出してつくる、
女性らしくキレ味のいいスタイルが得意。
上品且つこなれた配色センスも絶妙で支持を集める。
プライベートファッションをアップする
Instagramはフォロワー80K超え。(@ayaaa0707)

また、自身の著書「a nuance(小学館刊)」や
「Not Mania! THE DENIM BOOK(KADOKAWA刊)」を
発行するなど、注目を集めるスタイリスト。

Line up 2017.11.1 on sale

  • No Collar Coat

    金子さんが今季真っ先に作りたかったのが、冬のコーディネートの軸となるコート。発色と色みにこだわったカラーバリエの中でもイチオシは赤。一見装飾を排除したシンプルなデザインながら、ドロップショルダーやストンしたボックスシルエット、スタンドカラー…etc.着ると良さが際立つ仕立てのいい一枚。ウール100%で暖かさと軽さにもだわって。

  • Long Sweat

    秋口から冬、さらには春先まで。シーズンレス感覚で長く着られるロングスウェットは、ニットやウールが多くなるこれからの季節、“金子流のハズシ”に欠かせないアイテム。カジュアルなスウェット素材だからこそ、首のつまり具合やリブの幅、スリットの長さなどのディテールを幾度となく微調整。キレイめ見えすることにこだわりました。

  • 2Way Knit

    “ミニマムなニット”が欲しい —— というアイデアから出発し、制作過程でさらなるアイデアが重なり完成したのがこちらのニット。シンプルなハイネックニットとカーディガンとして、前後2wayで着られるお得な一枚。4色あるカラーバリエのボタンは、あえてすべて黒にすることで、シンプルな中にアクセントを。金子さん流のエッジとエッセンスが光ります。

  • Corduroy Pants

    春夏で完売となったベイカーパンツを、秋冬バージョンへとアップデート。トレンドのコーデュロイ素材になって登場です。足元を選ばない計算された美シルエットはそのままに、金子さん流のこだわりでポケットのデザインを一新。カジュアルな印象のコーデュロイもキレイめに穿けるようにアレンジしました。らしさが光るニュアンスカラーのバリエも魅力。

  • Knit Pants

    自他共に認めるニットパンツ好き金子さんのこだわりが詰まった一品。絶妙な太さのリブとつかず離れずのシルエットで、「ニットパンツ=太く見える」といったイメージを覆します。アクセントとなる裾のトレンカディテールは、取り外し長さ調節が可能。一日中快適に過ごせるように、着心地も追求したチクチクしない素材もポイントです。

  • Knit Gown

    ローゲージのビンテージライクな風合いが魅力の、手編みのニットガウン。ざっくりボリューミーでありながら、コートの下に着られる絶妙なサイズ感が魅力。特にグレーはベタっと見えず、奥行きと立体感が出る、金子さんらしさの詰まった色み。さらっとはおるだけで決まり、コーディネートに表情を与えてくれるフォトジェニックな一枚です。

AYA KANEKO meets FRAMeWORK

( Collaborate Item )

2Way Knit

ミニマム×タイムレスなアイテム同士の組み合わせなら、実はスカートも甘くならない。
着こなしをシンプルに削ぎ落とすほど、長めの袖、さりげないハイネック、
規則正しく並ぶボタン…といったディテールが引き立ちます。

( Collaborate Item )

No Collar Coat /
Corduroy Pants

淡いニュアンストーンを重ねた大人っぽいスタイリング。
全体に漂うキレイめムードに
カジュアルなコーデュロイパンツがすんなりなじむのは、
センタープレスのディテールがあるからこそ。

( Collaborate Item )

Long Sweat /
Knit Pants

シンプルなロングスウェットは、
こんなスカーフ風ターバンやビットロファーのように、
小物の味付け次第でいろんなテイストに変化。
深みのあるグリーンは今年らしさと同時に着映え効果も期待できます。

( Collaborate Item )

Knit Gown /
Knit Pants

白のニットをとことんレイヤード。
この独特のゆるさを上質&リッチに転ばせられるのは、
大人が着るからこそ。
同じニット素材でもそれぞれ編みのニュアンスが違うことで、
奥行きのあるコーディネートに。

( Collaborate Item )

2Way Knit /
Corduroy Pants

2wayニットのボタンをすべて開け、シンプルなカーディガンとして
着るのもオススメ。淡ピンク×レースのトップスの甘さは、
程よくカジュアルなコーデュロイパンツで中和するのが金子さん流。

( Collaborate Item )

No Collar Coat

赤いコートを主役にした、ストレートなフレンチシックコーディネート。
首元をシャープに見せるスタンドカラーと、朱にもボルドーにも転ばないニュートラルな
赤色のおかげで、カジュアルだったり子供っぽくなりすぎないのも嬉しい。

( Collaborate Item )

2Way Knit

2wayニットのボタンを前に、カーディガンとして。
ボタンを大胆に開けると首元に襟のようなディテールが生まれ、また新たな表情に。
無骨な布ベルトと、足元にはファーのサンダルで上品なニットコーデにハズシと遊び心を。

( Collaborate Item )

Knit Gown

ボリューミーなトップスとコンパクトなショートボトム。
大胆なシルエットのメリハリで魅せるコーディネート。
地厚なスウェットの上にも着ぶくれすることなくアウターのように重ねられる
ニットガウンのサイズ感は、さすが。

( Collaborate Item )

Long Sweat

引き続き気分なロング&リーンなシルエットを楽しんで。
着るだけでサマになるロングスウェットの万能さを発揮する
コーディネート。ボリュームアイテム同士でも重くならないのは、
大きな面積で効かせたクリーンな白のおかげ。

( Collaborate Item )

Knit Pants

ニュアンスのグレーワントーンに、
ビビットなグリーンをガツンと効かせたフォトジェニックなスタイリング。
足元にヒールを合わせるとニットパンツの
トレンカディテールがさらに活きて、一気に今年らしく。

( Collaborate Item )

No Collar Coat /
Long Sweat /
Corduroy Pants

定番の黒と旬のブラウンで潔くまとめた今季らしい組み合わせ。
アイテムも合わせもミニマムな分、その配色が際立って。
パンプス、スニーカーはもちろん、ブーツと合わせても決まる、
コーデュロイパンツの懐の深さにも注目。

( Collaborate Item )

2Way Knit

2wayニットのボタンをすべて留めて着ると、
黒ボタンがアクセントとなり、
シンプルな白ニットがまた違ったムードへと一変。
ニット裾はインしてもアウトしても決まる絶妙なシルエットで、
合わせるボトムを選びません。