03

ニットのこと

なぜニットは、その存在だけで
私たちを幸せな気持ちにしてくれるのだろう。
作家の松田青子が綴った、ニットへのラブレター。

シミアのニットをはじめて着たとき、あまりにも軽くて、柔らかくて、気持ちが良くて、驚いた。驚いたので、買った。そして、外出のたびに着ていた。ほかの服も着ようと思うのだが、体と心がその着心地の良さを覚えていて、気づけば、いつもそのニットに手を伸ばしてしまう。袖を通す瞬間から、これさえ着ていれば大丈夫だと、安心感に包まれた。

のうち、そもそもこの類まれなる毛の持ち主はどんな動物なのだろうと思うようになり、あるとき、ネットで調べてみた。カシミヤヤギは、素晴らしくかっこいい動物だった。わたしはこのかっこいい動物の力を借りて、生活しているのだ。わたしはますますわたしのニットのことが好きになった。このニットを着ると、カシミヤヤギのことを思い出し、心強い気持ちになる。

 思えば、わたしはいつも、動物になりたかった。自分で自分の身を守ることができる毛に覆われた動物に。

ットのこともとても好きだった。ニットの季節ではないときも、ニットやニットを着た暖かそうな人たちのことを心に思い浮かべては、幸せな気持ちになり、はやく寒くならないかと願った。わたしはニットを着たいし、ニットを着た人を見たい。どうしてわたしはニットがこんなにも好きなんだろう。包まれる、というイメージは、わたしにとって特別だ。

シミアのニットのおかげで、その大きな理由がわかった気がした。わたしがニットを好きなのは、ニットを身につけているときだけ、わたしは動物になることができるからだ。それはとてもすごいことだ。ニットに包まれ、守られているということは、動物たちに守られているのと一緒だ。だから、動物たちに優しい方法でつくられたニットを着たい。

 わたしは春と夏に比べると、秋と冬の衣替えのほうがなぜか断然好きだ。秋冬用の収納ケースを取り出すと、何年もの間をかけて集まったわたしの「好き」がそろって現れ、その一つ一つの生地の分厚さ、確かさに、一瞬胸がつまる。

年以上前から着ている服。去年買ったばかりでまだあまり活躍していないけれど、今年はどんどん着ようと、目にした瞬間意気込み溢れる服。色合いは全体的に落ち着いている。この季節になると、自分がどれだけチャコールグレイとカーキ色が好きか、思い知る。その二つの色を身につけていると、わたしはなんだか気持ちが楽になる。 

ットもいろいろ持っている。長い間着ているのでところどころ穴が開いているガウンのようなキャメルのニットに、外国の寄宿舎の少年みたいになるのが気に入っているウールのチャコールグレイのニット。どちらも今では袖や襟ぐりがよれている。タートルネックのざくっとした黒いニットは、フードパーカーのようにポケットがついていて、両手をつっこめるので、去年から大のお気に入りになった。

ニットは、毎年一枚は新しく増えてしまうし、気に入るとそればかり着る習性があるので、衣替えをしても出番がない年もあるけれど、そういうときは静かに次の年までクローゼットで休んでくれている。まるまって、まるで冬眠しているみたいに。その様子を見ていると、冬ってなんて幸せなんだろうと思う。

 今年はどんなニットに出会えるか、とても楽しみ。

作家松田青子
小説家、翻訳家。2013年、『スタッキング可能』でデビュー。
ほかの著書に、『ワイルドフラワーの見えない一年』『おばちゃんたちのいるところ』など。
最新の訳書に、アメリア・グレイ『AM/PM』。

シルクのような滑らかな肌触りがかなったオリジナルニットはイタリアのGEMMA社製。そのクオリティが実現した理由は、ストッキングマシーンを使用して、高級羊毛の33ゲージで編んであるから。定番の形だからこそ、上質であることにとことんこだわりたい。

FRAMeWORK / Knit / ¥32,000+tax / Red, Beige, Gray, Navy

FRAMeWORK / Pants / ¥14,000+tax / Yellow, White, Brown, BlackBUY

MARISA REY / Shoes / ¥25,000+tax / Black, CamelBUY

モンゴルのピュアカシミアを、特殊な編み機で脇に接ぎを無くしたストレスフリーなニット。全体と袖の丸いシルエットが、素材の上質さと合わさり包み込まれるような着心地。横に広いラウンドネックだからデコルテもすっきり見えて、大人の女性らしく。

FRAMeWORK / Knit / ¥38,000+tax / Beige

LES COYOTES DE PARIS / Pants / ¥29,000+tax / BlueBUY

BALDAN / Shoes / ¥46,000+tax / Black, Camel, BordeauxBUY

モンゴルで放牧されたカシミアヤギのやわらかい糸を起毛にしたニットカーディガン。ピュアカシミアの繊細なふわふわ感で、シンプルなのに印象的。スッキリ縦長に見えるようにデザインされた襟元のラインと、コートを着ても裾が出ないギリギリの丈感が◎。

FRAMeWORK / Cardigan / ¥41,000+tax / Beige

FRAMeWORK / T shirt / ¥7,000+tax / White, Khaki, BlackBUY

FRAMeWORK / Pants / ¥15,000+tax / NavyBUY

FRAMeWORK / Bustier / ¥7,800+tax / Black, GrayBUY

MARISA REY / Shoes / ¥25,000+tax / Camel, BlackBUY

手刺繍など手の込んだ商品が得意な、イタリア・プーリア州にある高級ニットメーカーMAGLIFICIO PEDONE社。イタリア糸を使用した、しなやかな風合いが特徴。迷彩柄など手の込んだ複雑な模様も丁寧に表現され、冬のおしゃれの主役となりそう。

FRAMeWORK / Knit / ¥30,000+tax / Ivory, Khaki

LES COYOTES DE PARIS / One-piece / ¥35,000+tax / NavyBUY

KARMINE MODE / Shoes / ¥18,000+tax / Green, Beige, Brick, BlackBUY

1929年に設立され、今もなおニットの聖地スコットランドで生産し続けている希少な老舗ニットファクトリーHarley OF SCOTLANDの別注ワンピース。ウールとアルパカの糸を使用し、柔らかく着心地は抜群。1枚でゆるっと女性らしく着られるのが嬉しい。

Harley OF SCOTLAND / One-piece / ¥23,000+tax / Camel, Red, Gray, Black

FRAMeWORK / Pants / ¥15,000+tax / NavyBUY

Hollingworth Country Outfitters / Hat / ¥5,900+tax / Beige, BlackBUY

CUSCO / Bag / ¥40,000+tax / Camel, KhakiBUY

KARMINE MODE / Shoes / ¥18,000+tax / Brick, Beige, Green, BlackBUY

YE THREE SQUIRRELSが、 老舗ニットウェアブランドのJamieson'sが作るpure real shetland woolを使用したダブルフェイスのフーディー。糸作りから完成に至るまで、“日本製”にこだわったTOYOBOSHI Itoi Collection by Yuri Parkのニットパンツと合わせて。

YE THREE SQUIRRELS jameson's / Knit / ¥38,000+tax / Gray, Ivory

TOYOBOSHI Itoi Collection by Yuri Park / Pants / ¥45,000+tax / Gray, Navy

O'NEIL of DUBLIN / Skirt / ¥23,800+tax / Black, Khaki, NavyBUY

KARMINE MODE / Shoes / ¥18,000+tax / Black, Beige, Brick, GreenBUY